私立高校の入学金の支払いは国の教育ローンで

高校生の学費が安いとは限りません。

私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えないとどうなるか?最悪の場合、除籍や退学をさせられてしまいます。

高校は教育機関ですから、すぐに除籍になることはなく一定の猶予期間が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

国の教育ローン(教育一般貸付)であれば世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

変動金利なので年に2回ほど金利が更新されます。

りそな教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人であれば、割引金利1.80%が適用されます。

最大借入可能額は500万円で返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年、法科大学院は最長16年までとなっています。

在学中は利息のみの返済が可能だったりすでに入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットがたくさんあります。

教育ローンでいくらまで借りられるかは融資機関によって様々です。

国の教育ローンは最大350万円まで借り入れが可能です。

民間の銀行で貸し付けている教育ローンは最大限度額1000万円程度まで貸し付けてくれる銀行もあります。

就学先が医療系の学部であれば、最大融資金額が3000万円という銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わりますので、学校と提携しているローンが1番お得だとは限りません。

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめと信販会社など至る所にあります。

その中でダントツでおすすめなのは国の教育ローンという国で融資してくれるローンです。

銀行と比べた場合最高融資額が350万円と少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校のみならず中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校でも認められています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく受験料や受験時の交通費・ホテル代などといった支払いにも認められています。

国が融資してくれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(日本公庫)が取り扱っています。

教育一般貸付と言う名前のローンで、最高350万円まで借り入れることが可能です。

金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利になっているので安心して利用することができます。

子供の人数や世帯年収(所得)によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。

アルバイトの方でも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。

但し、ローンが組める人は20歳以上の成人になっていなければ借り入れることができません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は長いに越したことはありません。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になると考えておきましょう。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

ろうきんは会員が出資し会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクなどの営利目的ではありませんので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の教育ローンと比較するとかなり高額でローンの返済期間は15年から20年と長期になります。

一般の人でもローンを組むことはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方のろうきんだと入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

カードローン型と呼ばれる教育ローンをご存知ですか?通常のカードローンとさほど違いはなくカードの限度額の範囲内であれば自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

一般のカードローンと違うところは融資の使途が教育資金に限定されます。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

教育ローンというのは借主は保護者となりますが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方についても違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月振り込まれます。

利息についても両者には違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのですが、奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期に関してですが、教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後からの返済となります。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きくローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利を優遇してくれる銀行もあります。

教育ローンを比較したい時はランキングサイトを活用すると良いでしょう。

いちいち金融機関を回ったり電話で資料請求などしなくても済みます。

金利や借入可能額については表になっているので簡単に比べることができます。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いので詳細確認や申し込みにも便利です。

教育ローンの申し込み方法を紹介します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後届いた書類を記入後、返送することになります。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申し込みもWeb上で行うことができますしとても便利ですよね。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的には無理です。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸借契約を結べる人間でなければいけません。

そのためには成人であることや安定継続した収入があることが認められる必要があります。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃や光熱費などすべて自分の稼ぎで支払えていることも重要になります。

故に、国の教育ローンに融資を期待するよりも銀行の教育ローンのほうが融資が下りる可能性は高いと言えるでしょう。

低金利有名な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)で銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のローンがいかに低金利かがわかりますね。

利用条件として学費以外にも定期代やパソコン購入費など教育に関する目的であれは幅広く利用することができます。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので融資の対象は義務教育以上の教育を望む中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして一括で借り入れられる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で受け取るタイプの融資です。

銀行などはこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特色としてはローンが契約成立したら、並行して返済金額が確定されるということです。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

引用:教育ローンの金利を徹底比較!来店不要で審査も速い教育ローンの決定版!