洗顔石鹸赤ちゃん用とは?

赤ちゃんの肌は思っているよりも乾燥しています。
皮脂がとてもうすく皮脂の分泌量が極端に少ないため、お肌のバリア機能がまだまだ未発達な状態です。
メラニンも生成されにくく、紫外線への抵抗力も低いとされています。
お母さんのおなかの中にいた頃は、外部の刺激から守られた無菌状態。
生まれてからすぐに、温度変化や紫外線などあらゆる外部の刺激にさらされますので、常に肌が敏感な状態にあるといえます。
赤ちゃんのお肌のお手入れは、大人のお肌のお手入れよりもさらにやさしくていねいに行うのが基本。
お肌にやさしいスキンケア商品を選び、乾燥対策や紫外線対策も充分に行ってあげましょう。
赤ちゃんの肌トラブルで多いものとしては、湿疹があげられます。
生まれてから3ヶ月以降は、乾燥による湿疹も増えてきます。
カサカサしたり、ジュクジュクしたり、赤みを伴ったりと、いろいろな症状が起こります。
あせもやおむつかぶれ、ニキビなども多いようです。
早めに皮膚科を受診し、適切なケアを心がけましょう。
ご家庭でのお手入れ法の基本は、石鹸などでやさしく洗い、充分な保湿を行ってあげること。
できるだけやさしい成分の石鹸を選び、デリケートな赤ちゃんの肌をいたわってあげましょう。
赤ちゃん用の石鹸としては「ジョンソン・ベビー/ベビーソープ」があります。
ビタミンA・Eや保湿成分が配合され、しっとりとした洗い心地の石鹸です。
もちろん無着色・無香料で、肌にやさしい石鹸とされています。
「太陽油脂/バックスベビーソープ」はマカデミアナッツオイルやハイオレックヒマワリオイル、パームオイルなどを使用した植物性石鹸です。
余分な成分が入っておらず、お肌にもやさしい石鹸です。
「ナチュラピュリファイベビー/ベビーソープ」はオリーブオイルとココナッツオイルを主な原料としてつくられたもの。
昔ながらの釜炊き製法にこだわった手作り石鹸です。
やさしい香りを楽しみたいなら「ヴェレダ/カレンドラベビーソープ」。
カレンドラやカミツレ・アイリスの根などの植物成分配合で、お肌にやさしく、植物の香りが赤ちゃんを癒してくれます。
デリケートでかさつきやすい肌に最近注目なのが、大島椿。
大島椿の椿油といえば、髪の毛のためのオイルという印象が強いのですが、椿油の主成分オレイン酸トリグリセリドは、皮脂に含まれる成分と同じとして、スキンケア効果も期待されています。
その椿油を敏感肌用に精製し、つくられたのが「大島椿/アトピコスキンケアソープ」です。
肌の状態が心配な赤ちゃんにも試してみたい石鹸のひとつです。
洗顔石鹸ランキング!口コミ人気を厳選【管理人おすすめは?】