フラット35借り換えは損?

フラット35への借り換えは損だと言う人が少なくありません。
そのような人が根拠として挙げるのは手数料です。
取扱銀行によって手数料率は変わりますが、金利に上乗せしない場合は0.
8%程度から2.
2%程度の手数料が必要です。
1000万円当たり8万円から22万円という金額は少ない金額ではないので、確かに損だという気持ちはわかります。
しかし、フラット35への借り換えは手数料だけでは計り知れない安心感をもたらします。
借り換えとはいえ住宅ローンは、長期間の借入であることに間違いありません。
そのため、金利の変動による返済額の変動は家計に対して大きなリスク要因となります。
手数料を支払ってもフラット35への借り換えは十分メリットがあることを忘れてはいけません。
銀行おまとめローン手数料は?借りにくい?【審査基準注意点】