正社員の介護求人の探し方と注意点

夢のためにお金を貯めたい、趣味の時間に昼間は充てたい、そんな方は介護で夜勤をするのはどうでしょう。

求人情報を調べてみると業務は大変そうですが夜勤手当のつく会社が多く、基本給に加え夜勤1回あたりだいたい3000から8000円くらいと他の職業に比べ多めに支給されます。

また、所持資格により支給される資格手当もあり、自力で給与を増やせます。

老人ホームをはじめとした24時間体制で介護を行なっている施設では、夜勤のみ働く夜勤専従スタッフを募集しているケースもあります。

そのため、勤務日数が少なくても高収入が得られ、働き方を選択する人も増えてきています。

アルバイトを探すにあたり、資格を所持している方は資格をいかした仕事を探してみることをおすすめします。

時給はコンビニやスーパーなどよりも高いですし、就職をするときにアルバイトの経験が役立つかもしれません。

例えば医療・福祉関係の求人サイトジョブパワーズを見てみると介護福祉士や正・準看護士の資格を所持している方の求人件数は結構多いので気になるという方は地元で募集されていないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

ここ数年、専門的な資格所有者限定の求人サイトが増えていますので上手に活用してきましょう。

最近、TVのCMなどで老人ホームのCMが増加しています。

それに伴い介護求人件数も増えています。

でも、自分で色々なサイトで条件に合った仕事を探すのは大変です。

そんな方は派遣会社への登録を考えて見てはどうでしょうか。

登録していいと思える点として、担当者が求職者の希望に合った勤務先を探し、実際に勤務先の見学に同行してくれ、応募者が直接施設に聞きづらい質問や条件交渉も行なってくれます。

見学した紹介先に納得し、勤務が始まった後でも勤務先での人間関係トラブルや聞いていた条件と違った場合などの相談にも乗ってくれます。

勤務状態次第では、施設側から正社員登用されることも多いようです。

思い切って脱サラしてみたけど失敗してしまった。

そんなタイミングで介護の仕事に出会う40代、50代の方もいるそうです。

今までの仕事と関係なくても大丈夫?未経験でも求人しているの?という疑問を思ってしまいますが、介護業界においてはスタートに早いも遅いもありません。

また、40代、50代での中途入社の場合、利用者との年齢差が親子ぐらいに感じるのか思っていた以上にすぐ仲良くなることもあるそうです。

他にも、別の業界の知識、経験を活かして業界内では今まで当然と思っていたことが変化していくこともあります。

そのため、介護の求人ではほとんど年齢制限素していないという募集が多いようです。

転職活動中の方は人材紹介会社を利用するのも良さそうです。

登録すると転職エージェントから自分の条件にあった求人をしている企業が紹介され、介護の仕事など初めて行うことへの不安や就業後のサポートをしてくれます。

最初から、正社員として入社しても働いて見たら条件と違ったということもあります。

では、「紹介予定派遣」という形で働いてみるのはどうでしょうか。

紹介予定派遣とは「正社員などの直接雇用」と「派遣社員」のいいとこ取りをしたような制度で、いわゆる正社員での試用期間を派遣社員として現場を見て介護が必要な患者がいるか、企業側が求める人材か確認できます。

慣れていない人が多い正社員登用時の条件交渉や派遣期間中の悩みを派遣会社が企業と転職者の間に入ってフォローする制度です。

この前、介護士の友人に久々に会いました。

その時に初めて分かったのですが実は介護業界は他の業界と違い、転職がしやすい職業のようです。

話によると、介護の現場ではもともと女性の比率が高く出世やスキルアップの障害にはならなくキャリア形成のための資格取得の費用を会社が負担してくれるなど様々な援助を設けている会社が多いそうです。

また、介護業界は人手不足と言われており、人手が足りていないということは常に求人があるので今から始める方でも採用されやすく、資格を取得していればUターン、Iターンしても職探しに困らないということです。

ケアホームがどういうものか知っていますか?介護をされている方に尋ねたところ、障害程度区分2以上に該当する障害者に対して、共同生活を行う住居にて、日常生活支援に加え、入浴や排せつ、食事などの介護も提供する施設とのことです。

また、介護業界は少子高齢化で施設が増えているため、求人件数は多いです。

各施設、スタッフを集めるためにより良い条件を出しています。

なので、転職活動中の方には、選べる条件が多くなっているのです。

他にも、資格取得支援を行なっており、資格を取得することにより資格手当がつくこともあります。

自分のスキルやキャリアに応じて職場を選びましょう。

今、契約社員として働いている方、将来の計画ってどう描いていますか?ゆくゆくは正社員になりたいという人は多いと思います。

でも、実際どうしたら正社員になれるのでしょうか。

一つの方法として一定期間働いて、その時の職場から社員登用を目指す、あるいは、正社員として働ける会社へ転職するかのどちらかでしょう。

総合転職サイトの利用もいいのですが今の仕事の経験をより活用したいなら医療福祉系に特化しているジョブパワーズのように職種を絞って掲載しているサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

求人サイトによっては担当者と直接やりとりができたり、就職祝い金が出るなど特徴のあるサイトも多いのでいろいろ見てみましょう。

現在、ネット上には多種多様な求人情報を扱うサイトがありますが、正直、どのサイトを利用するのがいいかわからないですよね。

大きくグループ分けすると2種類になります。

販売、企画、サービス業など職種を限定しない全般的なサイトと医療・介護系など1つの職種に絞ったサイトです。

やりたい仕事が決まっている、せっかく資格を取得したし有効的に使いたいという場合には職種を絞った専門サイトを利用したほうが目当ての仕事が見つかりやすいでしょう。

また、職種専門サイト同士の特徴を比較していくと、事前に職場見学ができること、採用担当者と応募者が面接前などに直接メールなどで質問できることがわかりました。

人の役に立ちたいと介護士を志す人が増えています。

どんなことでもですが、未経験だけど大丈夫かな?とどうしても不安を感じてしまいますよね。

でも安心してください。

求人情報を調べてみると未経験・無資格でもOKという企業・施設が多く、働きながらキャリアアップにつながる資格取得を支援している企業も多いです。

少子高齢化により介護の仕事の求人は多いので自分の条件に合った労働条件を出している企業・施設を焦らずに探すことができます。

また、求人をしている企業の中には、事前に職場見学ができることもあるので実際の職場の雰囲気を確認してから応募することもできます。

病に苦しんでいる患者さんの悩みや苦痛をできる限り排除し、自分らしい生き方を全うできるよう手助けをするホスピス。

延命治療に時間を費やすのではなく、患者の日々の生活の質を向上させたり維持をするために専門のスタッフがケアをしてくれます。

専門チームには医者と看護師のほかに、薬剤師や病院によっては麻酔科医、介護福祉士などが待機しています。

看護師としての一皮むける経験ができる可能性があるので自分の件検地を高めたいという方は求人数が少ないので見かけたら応募してみることをおすすめします。

注意点として、報われないことに虚しさを感じることもあるようです。

余暇を有効に使おうと思いパートを始めようとしたときに何を基準に探しますか?多くの方は自宅の近所や給与面での条件が良いなどが思い浮かぶと思います。

求人内容を見てみると、介護福祉士の資格を取得しているなど社会資格があると、別途に手当てが付くこともあります。

その場合、休業期間があって不安な方もいるかもしれませんが、多くの施設では休業期間があってもOK!未経験者歓迎という施設が多いので安心して応募できると思います。

また、施設によっては生活スタイルに合った時間に働ける施設もありますから納得できる条件のパートを探してみて下さい。

人様の役に立つ職業と聞いてどんな職業が思い浮かびますか?恐らく最初に思いだされるのは医者ではないでしょうか。

しかし、なりたいからといって医者にはなれませんよね。

もっと生活に身近な介護のお仕事ではどうでしょう。

口コミを調べてみると1番の魅力は笑顔で話しかけてもらえる、無表情だった方の笑顔が出てきて感謝されるときが多いようです。

その他にも、キャリアアップしやすいことや日勤のみの求人はもちろんのこと、手当がつく夜勤だけ10日だけ働いて残りは自由に過ごすなど存外自由がある仕事だとわかりました。

多くの人のイメージとして介護の仕事と聞くと仕事がきつい上に、夜勤などで時間に自由が利かない、長時間労働というマイナスのイメージがあるとおもいます。

そのイメージが強いからか、夜勤は嫌だなぁ、日中だけの勤務って出来ないのかなぁと思った方、日中だけ働くという働き方も職場を選べば可能です。

求人サイトを見るとわかりますが日中だけ運営されているデイサービスなどに勤務すれば、基本的に夜勤はありません。

また、1日中開いている有料老人ホームでも日勤だけという条件が施設側から許可されれば十分可能です。

育児もひと段落し、フルタイムで働く前にパートに出てみようかなと考える方もいるかと思います。

どうせならば昔携わっていた仕事に近いことあるいは所持している資格が役立つものを選びたいですよね。

例えば、介護福祉士の資格を所持しているならば、コンビニやスーパーで働くよりもヘルパーなどの介護職は給与が高く、日勤夜勤も選べます。

また会社によっては週1日からでもOKなど自分の生活リズムに合わせて働けそうです。

ジョブパワーズのように職種や業種を限定した求人サイトもよく目にするようになったので自分の資格・経験を存分に活用していきましょう。

ジョブパワーズ介護求人の評判は?無資格OK?【派遣・パート・正社員】